So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

三ツ矢サイダー 200ml 1960年代〜1970年代 [アサヒ]

MDSC_0395未.jpg

三ツ矢サイダー 200ml 1960年代〜1970年代瓶です。

三ツ矢サイダーをはじめとしたサイダー瓶は
戦前より340mlが一般的でした。
おそらく欧米の12オンス瓶に由来するサイズだと思われます。

かつてはこれをケース単位で酒屋より購入し
家庭で皆で分け合って飲んでいたものが
高度経済成長期の生活スタイルの変化により
1人で飲みきれるサイズの需要が高まりました。
そこで、当時幅をきかせつつあったコカ・コーラやファンタ等のサイズと同じ
200mlにサイズダウンしたのがこの瓶です。
200mlサイズだと自販機でも展開ができるわけです。
ライバルのキリンレモンも、同時期に200mlのキリンレモンクレールを発売しています。

自販機網の拡大を急いだコカ・コーラ社と異なり
三ツ矢サイダーの販売元のアサヒビールは
従来の酒屋ルートの販売にこだわり続けたため
しばらく普及はしなかったのですが
デザインこそ違えど、現在ではこの200mlがようやく主流になりました。
(340ml瓶も最近まで残っていましたが、2000年〜2010年頃に終売となった模様)

この写真の瓶は他社に転用されて、みかん水として第二の人生(瓶生?)を送る姿です。
三ツ矢サイダーの340ml瓶は地方零細メーカーのサイダー瓶として
広く流用されましたが、この200ml瓶が流用されている例はそれほど多くありません。

【三ツ矢サイダー 200ml 1960年代〜1970年代 大阪府門真市にて入手】


nice!(0)  コメント(0) 

ソーダ水 200ml [その他マイナーブランド]

MDSC_0394未.jpg

ソーダ水 200ml瓶です。

あまりにもシンプルすぎて
それ以上でもそれ以下でもない「ソーダ水」です・・・

【ソーダ水 200ml 大阪府門真市にて入手】
nice!(1)  コメント(0) 

オアシス 200ml [その他マイナーブランド]

MDSC_0393未.jpg

オアシス 200ml瓶です。

オアシスは大阪は門真市の辻井鉱泉所がかつて使用していたブランドです。
辻井鉱泉所では「千成」や、日本ラニー会の統一ブランドである「ラニー」も
製造していたようですが、どのように使い分けていたのかは不明です。

「オアシス」ブランドでは少なくともコーヒーを扱っていたようですが
この写真の緑瓶にコーヒーを入れていたとは考えにくいので
コーヒー以外の何かしらの飲料もオアシスとして展開していた(する予定だった)はずです。
する予定だった、としたのは、この緑瓶が全て倉庫に未使用のまま眠っていたため。
恐らく、新たな飲料をオアシスブランドで出そうと試み、瓶まで発注するも
何かしらの理由で頓挫したのではないかと思われます。

ちなみに辻井鉱泉所では現在でもラムネを製造されています。

【オアシス 200ml 大阪府門真市にて入手】
nice!(0)  コメント(0) 

三ツ菱シャンペンサイダー 340ml [地サイダー]

MDSC_0447未.jpg

三ツ菱シャンペンサイダー 340ml瓶です。

「三菱サイダー」を名乗り、マークまで一緒ですが
三菱鉛筆と同様にあの三菱財閥とは一切関係がありません。
その歴史は古く、熊本県の松田工業が1919年に商標登録をしています。
「セーピス」という、カルピスに似た乳酸菌飲料も1923年に登録していましたが
前者1972年、後者は1967年に同じ熊本の弘乳舎が銘柄を引き継いでいます。

松田工業・弘乳舎ともに比較的広いエリアで事業を展開しており
熊本のみならず九州以外でも流通し
時代の流れに合わせて缶でも展開していましたが
100周年を目前に控えた2017年、
三菱サイダーは残念ながらその歴史に幕を閉じました。
(弘乳舎は現在も乳製品・アイスクリームを中心に展開中)

この写真の瓶は、ラベルが右読みであることと
昭和初期の松田工業のポスターに同様のラベルが描かれていることから
1920年〜1935年頃の物と思われます。

この手の中小企業の製造するいわゆる「地サイダー」は、
戦後に大量生産された三ツ矢サイダーの瓶を流用し
勝手に自社ブランドのラベルを貼って流通させることが多かったのですが
この瓶には下部に「MATSUDA KOGYO」の刻印があり、
戦前はきちんと自社製造瓶を作っていたことが伺えます。

熊本市も1945年に空襲の被害に遭っていること、
松田工業自体が1970年代になくなっていることから
ラベルが付いた状態のオリジナル瓶がそのままの形で残っている例は珍しく
この瓶も、はるばる戦火の届かない愛媛県の山奥まで出荷され
古い酒屋の倉庫の奥でなんと70年以上眠っていたものでした。

【三ツ菱シャンペンサイダー 340ml 愛媛県にて入手】
nice!(1)  コメント(0) 

コアップガラナ 230ml ワンウェイ瓶 [統一ブランド系]

MDSC_0254未.jpg

コアップガラナ 230ml ワンウェイ瓶です。

ひとつ前の投稿のリターナブル瓶に対し
近年では使い捨てのワンウェイ瓶も流通しています。
繰り返し使用しなくてはならない頑丈なリターナブル瓶と比較し
若干ガラスの強度が低い(薄い)ため、容量が30mlだけ多くなっています。

写真は東京都のホッピービバレッジの製品で
比較的大きい会社のため、首都圏近郊でも割と見かけることができます。

【コアップガラナ 230ml ワンウェイ瓶 静岡県静岡市にて入手】
nice!(0)  コメント(0) 

コアップガラナ 200ml(リターナブル瓶) [統一ブランド系]

MDSC_0253未.jpg

コアップガラナ 200ml(リターナブル瓶)です。

ガラナ飲料は、古くから南米を中心に
滋養強壮を目的として親しまれてきましたが
1960年代当時日本に広まりつつあった
コーラ飲料への対抗馬として日本に持ち込まれました。

その統一ブランド名称を「コアップガラナ」とし、
京都の舞妓さんのシルエットを模した茶色い瓶で
全国の中小飲料水メーカーより発売されましたが
大手資本が中心だったコーラ飲料には敵わず
やがてその規模を縮小していきました。

しかし、北海道だけはコーラ飲料の上陸が
他の地方と比較し遅かったこともあり
コアップガラナをはじめとしたガラナ飲料を飲む文化が
今でも根付いています。

ちなみに写真は、すでに生産をやめてしまった
愛知県のカゴメ食品製造のものです。

【コアップガラナ 200ml リターナブル瓶 静岡県静岡市にて入手】

nice!(1)  コメント(0) 

サントリーエード 200ml 2015年頃〜 [サントリー]

MDSC_0450未.jpg

サントリーエード 200ml 2015年頃〜の現行の瓶です。

それまでは通常の印刷瓶を使用していましたが
コストダウンを目的として
それまで「サントリー烏龍茶」で使われていた透明ビンに
ラベルを貼っただけの素っ気ない仕様になってしまいました。
同様のタイミングで「ペプシコーラ」もこの仕様になっています。

確かにブランドごとに瓶を製造する必要がなくなり
非常に効率的ではあるのですが・・・
そこまでコストを切り詰めなくてはいけないほど
リターナブル瓶の市場が小さくなっているということでしょうか。

【サントリーエード 200ml 2015年頃〜 静岡県沼津市にて入手】
nice!(0)  コメント(0) 

ペプシコーラ200ml 2015年頃〜 [ペプシコーラ]

MDSC_0449未.jpg

ペプシコーラ200ml 2015年頃〜の現行ボトルです。

かつてペプシコーラの瓶は、白+赤+青の3色の印刷でしたが
コストダウンを目的として、2007年頃より白一色の瓶が登場しました。
(2009/10/3の投稿参照)

そこからさらにコストダウンを図るべく、
既に「サントリー烏龍茶」で導入されていた
透明瓶にラベルを貼る仕様が2015年頃より登場しています。
それがこの瓶で、コストダウンもここまで来たか・・・という印象です。

このペプシコーラのほかに、
「サントリーエード」「サントリー烏龍茶」が
2018年現在この仕様にて流通しています。

伝統的な緑色の瓶を使い続け、
さらにコカ・コーラzeroの専用瓶まで用意している
コカ・コーラ社の姿勢とは対照的です。

【ペプシコーラ200ml 2015年頃〜 東京都豊島区にて入手】



nice!(1)  コメント(0) 

マウンテンデュー 1.5L [その他ペプシ社]

MDSC_0426未.jpg
マウンテンデュー 1.5L瓶です。

マウンテンデューは、1980年代初頭にペプシ社の手により日本に上陸し
コカ・コーラ社の「メローイエロー」やチェリオ社の「スイートキッス」らとともに
新柑橘系炭酸飲料ブームを巻き起こしました。
メローイエローは販売中止と復活を繰り返していますが、
このマウンテンデューとスイートキッスは継続して販売されています。
その間、マウンテンデューの販売権はペプシからサントリーに移りました。

基本的には缶での展開が主でしたが、
ファミリー向けの1.5Lのみ、リターナブル瓶で展開していたようです。
ご覧のとおり、非常に大きな瓶です。

【マウンテンデュー 1.5L 埼玉県比企郡にて入手】
nice!(1)  コメント(0) 

ペプシコーラ 1.5L [ペプシコーラ]

MDSC_0427未.jpg
ペプシコーラ 1.5L瓶です。

コカ・コーラ社が、沖縄等の一部ボトラーを除いて
ファミリーサイズの瓶は1Lを標準としていたのに対し、
ペプシコーラでは1.5L瓶が存在していました。
80年代の販売と思われますが、
あまり多くは普及せず、90年代に入ると
より安価で扱い易いペットボトルに取って代わられました。

その容量に比例し、
よく見かけるコカ・コーラ社の1L瓶よりも
ひと回り大きいサイズです。
さぞ持ち帰る時は大変だったことでしょう。

【ペプシコーラ 1.5L 埼玉県比企郡にて入手】

nice!(0)  コメント(0)