So-net無料ブログ作成

キング(青) 200ml [その他マイナーブランド]

MDSC_0399.jpg

キング(青) 200mlボトルです。

キングは、広島県呉市に存在した
銀嶺鉱泉が製造していた飲料です。

以前紹介した180mlタイプの後継が、
この200ml瓶だと思われます。

割と新しい瓶なので、最近まで製造していたものと思われますが
どういった飲料だったのかは不明です。

キングの180ml瓶が倉橋島の里ラムネ店にて
アサヒコーヒーとして流通しているのに対し、
こちらの200ml瓶は、同じ呉市内に光田飲料にて
げんまい乳やコーヒーとして現役で活躍しています。
詳細は、2011年5月アップの記事をご覧ください。

【キング(青) 200ml 広島県呉市にて入手】

キング(赤) 180ml [その他マイナーブランド]

MDSC_0413.jpg

キング(赤) 180mlボトルです。

キングは、広島県呉市に存在した
銀嶺鉱泉が製造していた飲料です。

この赤バージョンは、前回紹介した青バージョンの色違いです。
どちらが古いのかは不明ですが、
圧倒的にこの赤のほうが少ないですね。

現在は倉橋島の里ラムネ店にて「アサヒコーヒー」として流通しています。

【キング(赤) 180ml 広島県呉市にて入手】

キング(青) 180ml  [その他マイナーブランド]

MDSC_0412.jpg

キング(青) 180mlボトルです。

キングは、広島県呉市に存在した
銀嶺鉱泉が製造していた飲料です。

どういった飲料だったのかは今となっては不明ですが
割と最近まで操業をしていたのでしょう、
「キング」の瓶は呉市内の他メーカーに引き取られ
現在も目にする機会が多いです。

画像のタイプの180mlのものは
初期のキングの瓶だと思われますが
現在は倉橋島の里ラムネ店にて「アサヒコーヒー」として流通しています。
かつてはアサヒコーヒーのラベルを貼付けていたのですが(後日ほど紹介します。)
現在は簡略化のためか、何も貼付けていません。

ただ、このアサヒコーヒー、ごくわずかな地域にしか流通していないうえに
常に生産をしているわけではないので
なかなかお目にかかるこが出来ません。
私は偶然飲む機会に恵まれましたが、優しい甘さでとても美味しかったです。

【キング(青) 180ml 広島県呉市にて入手】

光田げんまい乳 200ml [その他マイナーブランド]

MDSC_0400.jpg

光田げんまい乳 200mlボトルです。

光田げんまい乳は、広島県呉市にある
光田飲料製作所が製造している玄米飲料です。

沖縄県ではこういった玄米飲料がポピュラーですが
広島県の呉市でも光田飲料と中本本店の2社が生産をしています。
市内に2社も存在するということは、それなりの需要があるからなのでしょうが
何故呉においてそういった需要が起こったのか、興味深いところではあります。
実際に飲んでみると、甘くてしつこくなく、非常に美味しい飲料でした。

瓶は、かつて同じ呉市内に存在した銀嶺鉱泉の「キング」の瓶を使用しており
それにオリジナルのラベルを貼り付けています。
戦艦大和ミュージアムでは、呉の特産品として
もう少し小さいワンウェイ瓶に入れられたものが売られています(ラベルは同じ)。

【光田げんまい乳 200ml 広島県呉市にて入手】

光田コーヒー 200ml [その他マイナーブランド]

MDSC_0386.jpg

光田コーヒー 200mlボトルです。

光田コーヒーは、広島県呉市にある
光田飲料製作所が製造しているコーヒー飲料です。

瓶は、かつて同じ呉市内に存在した銀嶺鉱泉の「キング」の瓶を使用しており
それにオリジナルのラベルを貼り付けています。

【光田コーヒー 200ml 広島県呉市にて入手】

サンテアップ 200ml [その他マイナーブランド]

MDSC_0387.jpg


サンテアップ 200mlボトルです。

サンテアップは、岡山市に存在した
井上食品工業がかつて生産していた飲料です。
前述の「サンテ」との違いは不明です。 

井上食品工業での生産終了後は、
広島県の後藤鉱泉所に瓶が引き取られ、
現在では「ヤポネ」ブランドの
ミルクセーキやコーヒー牛乳として販売されています。

【サンテアップ 200ml 広島県尾道市にて入手】


サンテ(赤ラベル) 200ml [その他マイナーブランド]

MDSC_0348.jpg

サンテ(赤ラベル)200mlボトルです。

サンテは、岡山市に存在した
井上食品工業がかつて生産していた飲料です。 

井上食品工業での生産終了後は、
広島県の後藤鉱泉所に瓶が引き取られ、
現在では「ヤポネ」ブランドの
ミルクセーキやコーヒー牛乳として販売されています。

画像のものは「ヤポネミルクセーキ」が入っています。
やさしい甘さで非常に美味しいです。

【サンテ(赤ラベル) 200ml 広島県尾道市にて入手】


サンテ(青ラベル) 200ml [その他マイナーブランド]

MDSC_0388.jpg

サンテ(青ラベル)200mlボトルです。

サンテは、岡山市に存在した
井上食品工業がかつて生産していた飲料です。 

井上食品工業での生産終了後は、
広島県の後藤鉱泉所に瓶が引き取られ、
現在では「ヤポネ」ブランドの
ミルクセーキやコーヒー牛乳として販売されています。

【サンテ(青ラベル) 200ml 広島県尾道市にて入手】


フレンドCアップ 200ml [その他マイナーブランド]

MDSC_0349.jpg

フレンドCアップ 200mlボトルです。
フレンドCアップは、山口県玖珂町(現岩国市)にあった
柳川飲料がかつて生産していた飲料です。

柳川飲料での生産終了後は、
広島県の後藤鉱泉所に瓶が引き取られ、
現在では「ヤポネ」ブランドの
ミルクセーキやコーヒー牛乳として販売されています。

【フレンドCアップ 200ml 広島県尾道市にて入手】

ビタヤポネC 220ml [統一ブランド系]

MDSC_0391.jpg

ビタヤポネC 220mlボトルです。

ビタヤポネCは、前回紹介した「ヤポネ」の姉妹品で
同じくヤポネドリンクボトラーズの製品です。
現在は広島県の後藤鉱泉所が生産を続けています。
(中身はオレンジ果汁飲料です。)

瓶の形状からもわかるように、武田の「プラッシー」の
影響を大きく受けた製品ですが、
この時代には多くのプラッシーの類似商品が出回りました。
見た目はほとんど同じであるにも関わらず、
このビタヤポネCは220mlの表記があり
なぜかプラッシーや他の類似商品よりも内容量が多いです。

「キューッと美味しい」というキャッチコピーが印刷されており
これは専用の木箱にも印刷されています。

【ビタヤポネC 220ml 広島県尾道市にて入手】


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。