So-net無料ブログ作成
統一ブランド系 ブログトップ
前の10件 | -

コアップガラナ 230ml ワンウェイ瓶 [統一ブランド系]

MDSC_0254未.jpg

コアップガラナ 230ml ワンウェイ瓶です。

ひとつ前の投稿のリターナブル瓶に対し
近年では使い捨てのワンウェイ瓶も流通しています。
繰り返し使用しなくてはならない頑丈なリターナブル瓶と比較し
若干ガラスの強度が低い(薄い)ため、容量が30mlだけ多くなっています。

写真は東京都のホッピービバレッジの製品で
比較的大きい会社のため、首都圏近郊でも割と見かけることができます。

【コアップガラナ 230ml ワンウェイ瓶 静岡県静岡市にて入手】
nice!(0)  コメント(0) 

コアップガラナ 200ml(リターナブル瓶) [統一ブランド系]

MDSC_0253未.jpg

コアップガラナ 200ml(リターナブル瓶)です。

ガラナ飲料は、古くから南米を中心に
滋養強壮を目的として親しまれてきましたが
1960年代当時日本に広まりつつあった
コーラ飲料への対抗馬として日本に持ち込まれました。

その統一ブランド名称を「コアップガラナ」とし、
京都の舞妓さんのシルエットを模した茶色い瓶で
全国の中小飲料水メーカーより発売されましたが
大手資本が中心だったコーラ飲料には敵わず
やがてその規模を縮小していきました。

しかし、北海道だけはコーラ飲料の上陸が
他の地方と比較し遅かったこともあり
コアップガラナをはじめとしたガラナ飲料を飲む文化が
今でも根付いています。

ちなみに写真は、すでに生産をやめてしまった
愛知県のカゴメ食品製造のものです。

【コアップガラナ 200ml リターナブル瓶 静岡県静岡市にて入手】

nice!(1)  コメント(0) 

ビタヤポネC 220ml [統一ブランド系]

MDSC_0391.jpg

ビタヤポネC 220mlボトルです。

ビタヤポネCは、前回紹介した「ヤポネ」の姉妹品で
同じくヤポネドリンクボトラーズの製品です。
現在は広島県の後藤鉱泉所が生産を続けています。
(中身はオレンジ果汁飲料です。)

瓶の形状からもわかるように、武田の「プラッシー」の
影響を大きく受けた製品ですが、
この時代には多くのプラッシーの類似商品が出回りました。
見た目はほとんど同じであるにも関わらず、
このビタヤポネCは220mlの表記があり
なぜかプラッシーや他の類似商品よりも内容量が多いです。

「キューッと美味しい」というキャッチコピーが印刷されており
これは専用の木箱にも印刷されています。

【ビタヤポネC 220ml 広島県尾道市にて入手】


ヤポネ 200ml [統一ブランド系]

MDSC_0390.jpg

ヤポネ 200mlボトルです。

ヤポネは、ヤポネドリンクボトラーズが生産している飲料です。
この「ヤポネドリンクボトラーズ」は、パレードやシーホープと同様の
統一ブランドを生産する零細メーカーの共同体のことですね。
本部がどこに存在していたのかは不明ですが
現在では尾道市の後藤鉱泉が最後の砦として生産を続けています。

「日本の代表」「全国統一商標」という勇ましい表記が
今となっては空しく感じられますが・・・
外資飲料メーカーに侵食されてたまるか!と、
当時の意気込みは相当なものだったのでしょう。
ロゴも日本列島の形ですね。

そもそも「ヤポネ」という単語自体、
ドイツ語やイタリア語では「日本」を表す単語のようです。

後藤鉱泉所では、主にミルクセーキとして販売されています。
甘くて懐かしい味のする、非常に美味しい飲料です。

【ヤポネ 200ml 広島県尾道市にて入手】



ラニー 200ml [統一ブランド系]

MDSC_0294.jpg

ラニー 200mlボトルです。

ラニーは、1966年に坂井食品の後援により設立された統一ブランドです。

具体的な流通地域は不明ですが、
画像の瓶は兵庫県内で流通していました。

ロゴは同時期にペプシコーラ社より発売されていた
「ミリンダ」のM字のロゴを意識していますね。
ラニーの頭文字はRなので、Mとは全く関係がないはずですが・・・。

【ラニー 200ml 兵庫県神戸市にて入手】

ハグルマ 130ml [統一ブランド系]

MDSC_0240.jpg

ハグルマ 130mlボトルです。

名前のまんまの歯車デザインの瓶ですが、
このハグルマブランドはれっきとした統一ブランドのようです。
どこのメーカーが頭に立っていたのかははっきりとしていませんが
少なくとも京都の城南鉱泉はその一員として生産をしていたようです。

もともとはソーダ系のブランドだったようですが
現在はもっぱら「冷やし飴」として流通しています。

【ハグルマ 130ml 京都府京都市にて入手】

ミニパレード 130ml [統一ブランド系]

MDSC_0237.jpg

ミニパレード 130mlボトルです。

パレードは1965年に服部香料の後援により誕生した統一ブランド飲料で、
(常盤香料の後援、という説もあります。)
統一ブランドの中では最もメジャーなブランドと言っても過言ではありません。

通常、200mlサイズが主流ですが
この画像のように「ミニパレード」と称して
130mlサイズのものも生産していたようです。

当時どのような飲料だったのかは定かではありませんが
現在は関西地方を中心に「冷やしあめ」として稀に見かけることが出来ます。

【ミニパレード 130ml 京都府京都市にて入手】

ナイスパンチ 200ml [統一ブランド系]

MDSC_0360.jpg

ナイスパンチ 200mlボトルです。

ナイスパンチは、日進食材が1965年に設立した「ナイスパンチ会」が
発売していた統一ブランド飲料です。

そのため、かつてはナイスパンチ会に所属していた全国の中小メーカーが
製造をしていたと思われますが、現在は他社に瓶が払い下げられ
関西を中心にサイダーとして出荷されています。

それにしても、キリンレモンにそっくりなデザインです。
後ほど紹介する「ラムアップ」や「クインゴールド」も同じようなデザインで
キリンレモンのヒットにあやかろうとしたのでしょう。

背面には「スキット爽やかなみんなに愛されるナイスパンチ」という
キャッチコピーが入っています。

【ナイスパンチ 200ml 京都府京都市にて入手】

レモンレスカ 340ml [統一ブランド系]

MDSC_0164.jpg

レモンレスカ 340mlボトルです。

レモンレスカは元々は岸和田市の地サイダーだったようですが
瓶は各地に出回っていたようで、岐阜県のメーカーでも使われていたようです。
「レスカ」はレモンスカッシュの略でしょうか。
その他の情報は調査中です。
(その後のクロネコ様からの情報により、地サイダーではなく
 統一商標であったことがわかりました。だから各地でこの瓶が出回っていたわけですね。
 情報提供、ありがとうございました。)

【レモンレスカ 340ml 大阪府大阪市にて入手】

ネクシークリームソーダ 200ml [統一ブランド系]

MDSC_0220.jpg

ネクシークリームソーダ 200mlボトルです。

以前紹介した統一ブランドである、ネクシーの仲間です。
ロゴは確かに見覚えのあるネクシーのロゴですが
全体的なデザインはどう見てもスマックですね・・・。

スマックと比較して圧倒的に勢力は弱いですが
佐賀県の小松飲料ではまだ生産が続けられているようです。

【ネクシークリームソーダ 200ml 佐賀県唐津市にて入手】


前の10件 | - 統一ブランド系 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。