So-net無料ブログ作成

森永フレッシュジュース 200ml [森永]

MDSC_0359.jpg

森永フレッシュジュース 200mlボトルです。

森永フレッシュジュースは、森永乳業が1960年代に販売していた飲料です。
森永グループがかつて使用していた逆立ちエンゼルマークが描かれています。

おそらく一般的な果汁飲料だったと思われますが
いわゆる「うそつきジュース問題」で
100%果汁飲料以外に「ジュース」の名称を用いることができなくなったため
その頃に消えて行ったものと思われます。

それと同時期に「森永フレッシュ」という製品が発売されているので
実質的にこの森永フレッシュジュースの後継商品と言っていいのではないでしょうか。

【森永フレッシュジュース 200ml 東京都小金井市にて入手】

サンキスト 200ml 1960年代? [森永]

MDSC_0337.jpg

サンキスト 200ml 1960年代?ボトルです。

1966年、日本初のグレープフルーツ飲料として
発売されたのがサンキストです。
しかし、森永乳業が米サンキスト社の商標使用契約を結び
国内でサンキストブランドを流通させたのは1971年との記載があります。
この5年間の誤差は一体何なのでしょうか・・・。

実際に、写真の瓶は1966年の刻印があるので
1966年発売説は正しいはずなのですが・・・。

グレープフルーツの他にオレンジなどのフレーバーが展開されていたようですが
いつ頃終売となったのか等、詳しい情報がないのでわかりません。
なお、森永乳業は現在もサンキストブランドの紙パック飲料を継続して販売しています。

【サンキスト 200ml 1960年代? 東京都文京区にて入手】

森永フレッシュ 200ml [森永]

MDSC_0192.jpg

森永フレッシュ 200mlボトルです。

森永乳業は、かつて「森永フレッシュジュース」という
果汁飲料を販売していましたが、
いわゆる「うそつきジュース問題」でジュースという名称が使用できなくなり
この「森永フレッシュ」に進化したのではないかと考えられます。

1972年に発売された「森永ツイスト」とデザインが酷似しており
ツイストが炭酸果汁飲料、フレッシュが炭酸なしの果汁飲料、という
住み分けを行なっていたものと思われます。

しかしツイストのラインナップを見ると、
グレープ、オレンジ、コーラ、コーヒー、サイダー、ストレートオレンジ・・・と、
実に多彩な味をカバーしていたので、この仮説も少々怪しいです。

どなたか詳細をご存知の方はいらっしゃいますでしょうか?

【森永フレッシュ 200ml 静岡県田方郡にて入手】

サンキスト 200ml 1970年代〜 [森永]

MDSC_0173.jpg

サンキスト 200ml 1970年代〜のボトルです。

1960年代のボトルと比較して、ロゴが新しくなりました。
このロゴは現在も引き続き使用されているロゴです。

恐らく、1970年代になってから、ロゴが変更されたものと思われます。
ちなみに写真の瓶の製造年は1973年となっています。

【サンキスト 200ml 1970年代〜 静岡県沼津市にて入手】

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。