So-net無料ブログ作成
検索選択
明治乳業 ブログトップ

マイルドコーヒー 200ml [明治乳業]

MDSC_0180.jpg

マイルドコーヒー 200mlボトルです。

マイルドコーヒーは、明治乳業が1970年代〜1980年代にかけて発売していた商品です。
缶での流通がメインでしたが、一部にこうした瓶製品も流通していたようです。

コーヒー牛乳といえば、牛乳瓶型の容器に入って売られることがほとんどですが
このマイルドコーヒーのように、ジュース型の瓶に入れて売られる例も
少なからず存在しています。

【マイルドコーヒー 200ml 群馬県前橋市にて入手】

スカット 200ml 1990年代〜 [明治乳業]

MDSC_0179.jpg

スカット 200ml 1990年代〜のボトルです。

1990年代に入ってからの瓶で、スカットの最末期のものにあたります。
1990年以降、缶飲料やペットボトル飲料の急速な拡大により
一般向け瓶飲料の流通は減る一方でした。

特に、明治乳業などの乳業メーカー
飲食店等の業務用のルートを持っていなかったために
他メーカーに比べて瓶飲料の流通量の低下は特に著しく
スカットもそんな状況の中でひっそりと姿を消していきました。

缶でも展開しましたが、もともと紙パックの自販機展開が中心だったため
あまり流通することはありませんでした。
2010年現在も細々と缶で販売が続けられていますが
滅多にその姿を見かけることはありません。
(2010年、スカットホワイトソーダが販売されているのを確認しています。)

【スカット 200ml 1990年代〜 群馬県前橋市にて入手】

スカット 200ml 1970年代〜1980年代頃 [明治乳業]

MDSC_0177.jpg

スカット 200ml 1970年代〜1980年代頃のボトルです。

この時代のボトルは、スカットが最も栄華を誇っていた時期のものと思われます。
スカットの瓶といえば、この瓶を思い出す方も多いのではないのでしょうか。

スカットの初期の瓶は英文字表記が「Sucatt」ですが
このボトルでは「Skatt」になっています。

【スカット 200ml 1970年代〜1980年代頃 群馬県前橋市にて入手】


スカット 200ml 1960年代? [明治乳業]

MDSC_0176.jpg

スカット 200ml 1960年代?のボトルです。

スカットは、明治乳業が1962年に発売した果汁炭酸飲料です。
明治乳業のサイトにも情報がないのでよくわかりませんが
りんごやグレープ、オレンジ、プラム等、6種類程のフレーバーを展開していたようです。

当時はそこそこメジャーブランドだったようですが
販売元が明治乳業ということもあって
宅配牛乳と一緒にケース単位で配達だれたり、
銭湯で牛乳と一緒に並べられて売られることが多かったようです。
今でこそほとんど見かけなくなりましたが、
かつて銭湯で「スカット」の広告の入ったベンチを見ることが多かったのはこのためです。

ちなみに我が家の近所の銭湯にも、スカットのベンチがありました。
5年程前に、残念ながら火事で燃えてしまいましたが・・・。

スカット自体は、2010年現在も細々と缶で販売が続けられていますが
滅多にその姿を見かけることはありません。
(2010年、スカットホワイトソーダが販売されているのを確認しています。)

【スカット 200ml 1960年代? 神奈川県横浜市にて入手】
明治乳業 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。