So-net無料ブログ作成
検索選択
ペプシコーラ ブログトップ

ペプシコーラ300ml [ペプシコーラ]

MDSC_0071.jpg

ペプシコーラ300mlボトルです。

1970年代後半〜1980年代中頃にかけて
コカ・コーラとともにペプシコーラも様々なサイズのボトルを出しました。
この300mlボトルもそのひとつで、写真は1978年製のものです。

ただし、レギュラーサイズの200mlボトルの影に隠れて
あまり出回らずに姿を消してしまいました。
そのため、現在では空き瓶もほとんど見つけることはできません。

【ペプシコーラ300ml 群馬県前橋市にて入手】

ペプシコーラ500ml 1980年代 [ペプシコーラ]

MDSC_0074.jpg

ペプシコーラ500ml 1980年代のボトルです。

500mlのボトルのフタは王冠タイプのものがほとんどなのですが、
ペプシコーラの500mlはこのボトルよりスクリューキャップタイプになっています。

リユースが可能なリターナブル瓶で、
スクリューキャップを採用している瓶は少ないのではないでしょうか?

【ペプシコーラ500ml 1980年代 神奈川小田原市にて入手】


ペプシコーラ500ml 1960年代後半〜1970年代 [ペプシコーラ]

MDSC_0072.jpg

ペプシコーラ500ml 1960年代後半〜1970年代のボトルです。

コカ・コーラがホームサイズと称して500mlボトルを発売した1964年、
ペプシ社でも500mlボトルを発売しました。
こちらは「ファミリーサイズ」という愛称が付けられています。

コカ・コーラに対して流通量が少なかったせいか、
ペプシのボトルはそう多くは見つかりません・・・。
ましてや500mlなどの大容量になるとなおさらです。

ちなみにこの写真のボトルは1971年のものですが
実家のすぐ横であっさりと見つかりました・・・。
瓶を集めるきっかけにもなった記念すべきボトルです。

【ペプシコーラ500ml 1960年代後半〜1970年代 静岡沼津市にて入手】


ペプシコーラ200ml 2007年頃〜 [ペプシコーラ]

MDSC_0070.jpg

ペプシコーラ200ml 2007年頃〜の現行ボトルです。

一世代前と同じデザインなのですが、
それまで青+赤+白の3色で印刷されていたものが
白一色のみの印刷になってしまいました・・・。
真意のほどはわかりませんが、恐らくコストダウンが目的ではないかと。
それにしても白一色とは、味気なさ過ぎる気がします・・・。

そういえばコカ・コーラのボトルも白一色の印刷ですが、
こちらは逆にスタイリッシュに見えてしまいます。この違いは何なんでしょう?
ボトルが緑色だから?発売当初からデザインをほとんど変えていないから?

【ペプシコーラ200ml 2007年頃〜 静岡県静岡市にて入手】


ペプシコーラ200ml 1998年頃〜2005年頃 [ペプシコーラ]

MDSC_0069.jpg

ペプシコーラ200ml 1998年頃〜2005年頃のボトルです。

1998年より製造が始まったボトルです。
1960年代後半より続いていたボトルの形状が、この6代目より変更になりました。
よりスタイリッシュスマートなボトルになっています。

【ペプシコーラ200ml 1998年頃〜2005年頃 神奈川県中郡にて入手】

ペプシコーラ200ml 1990年代中頃〜後半 [ペプシコーラ]

MDSC_0068.jpg

ペプシコーラ200ml 1990年代中頃〜後半のボトルです。

この頃のペプシコーラのボトルはほぼ5年毎にデザインが変わっています。
この頃CMではペプシマンが投入され、絶大な人気を博しましたが
コカ・コーラに大きく水をあけられていたペプシコーラは
売上の面ではいまひとつだったようです・・・。
そしてついに1997年、国内でのペプシ製品の販売権はサントリーに全面移管されました。

しかしこの全面移管を機に、サントリーの自販機網を活用できるようになったことや
数多くのフレーバーコーラを発売し方向転換を図ったことで、
以前よりはペプシコーラを目にする機会はぐっと増えた気がします。

【ペプシコーラ200ml 1990年代中頃〜後半 東京八王子市にて入手】

ペプシコーラ200ml 1980年代後半〜1990年代中盤 [ペプシコーラ]

MDSC_0067.jpg

ペプシコーラ200ml 1980年代後半〜1990年代中盤のボトルです。

基本的には一世代前のものと似ていますが、ロゴが少し新しくなりました。

【ペプシコーラ200ml 1980年代後半〜1990年代中盤 静岡沼津市にて入手】

ペプシコーラ200ml 1970年代後半頃〜1980年代後半頃 [ペプシコーラ]

MDSC_0065.jpg


ペプシコーラ200ml 1970年代後半頃〜1980年代後半頃のボトルです。

1970年代後半から1980年代後半にかけて製造されたボトルです。
このボトルより、おなじみの青と赤のマークが採用されていますが
現在のロゴとはまた異なったデザインです。

2代目ボトルまではアメリカの液量単位であるオンス換算の192mlでしたが
このボトルより200mlになりました。

【ペプシコーラ200ml 1970年代後半頃〜1980年代後半頃 静岡沼津市にて入手】

ペプシコーラ192ml 1960年代後半頃〜1970年代後半 [ペプシコーラ]

MDSC_0063.jpg

ペプシコーラ192ml 1960年代後半頃〜1970年代後半頃のボトルです。

言わずと知れたコカ・コーラの永遠のライバル。
特に1980年代は相手をあからさまに批判する熾烈なCM合戦を繰り広げていました。
現在はその争いもやや落ち着いた感がありますが、
サントリーに販売権が移管されてから始まったキワモノ路線(ペプシしそ、ペプシあずき等)で
独自の世界観を築いていったペプシは個人的には嫌いじゃありません。

さて、このボトルは1960年代後半から1970年代後半にかけて製造されたもの。
現在の青と赤を基調とした派手なロゴからは想像できない、レトロなデザインです。
気になるのは、192mlという中途半端な容量。
たいていの瓶飲料が200mlなのに対して、どうしてこんなに中途半端なのか?
それは、「オンス」という単位を基準に換算しているから。
日本をはじめとした多くの国々はメートル法を導入していますが(メートル、キログラム等)
コーラ発祥のアメリカではいまだにヤード・ポンド法が主流で、
飲料のような液体の容量は「オンス」という単位で表記することがあるのです。
その名残りで6.5オンス瓶がそのまま日本に入ってきて、単位を換算したら192mlだった、と。

瓶ひとつとってみても、こんなに深い歴史が隠されているもんなんですね。

【ペプシコーラ192ml 1960年代後半頃〜1970年代後半 群馬県前橋市にて入手】




ペプシコーラ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。