So-net無料ブログ作成
検索選択

光田げんまい乳 200ml [その他マイナーブランド]

MDSC_0400.jpg

光田げんまい乳 200mlボトルです。

光田げんまい乳は、広島県呉市にある
光田飲料製作所が製造している玄米飲料です。

沖縄県ではこういった玄米飲料がポピュラーですが
広島県の呉市でも光田飲料と中本本店の2社が生産をしています。
市内に2社も存在するということは、それなりの需要があるからなのでしょうが
何故呉においてそういった需要が起こったのか、興味深いところではあります。
実際に飲んでみると、甘くてしつこくなく、非常に美味しい飲料でした。

瓶は、かつて同じ呉市内に存在した銀嶺鉱泉の「キング」の瓶を使用しており
それにオリジナルのラベルを貼り付けています。
戦艦大和ミュージアムでは、呉の特産品として
もう少し小さいワンウェイ瓶に入れられたものが売られています(ラベルは同じ)。

【光田げんまい乳 200ml 広島県呉市にて入手】

光田コーヒー 200ml [その他マイナーブランド]

MDSC_0386.jpg

光田コーヒー 200mlボトルです。

光田コーヒーは、広島県呉市にある
光田飲料製作所が製造しているコーヒー飲料です。

瓶は、かつて同じ呉市内に存在した銀嶺鉱泉の「キング」の瓶を使用しており
それにオリジナルのラベルを貼り付けています。

【光田コーヒー 200ml 広島県呉市にて入手】

サンテアップ 200ml [その他マイナーブランド]

MDSC_0387.jpg


サンテアップ 200mlボトルです。

サンテアップは、岡山市に存在した
井上食品工業がかつて生産していた飲料です。
前述の「サンテ」との違いは不明です。 

井上食品工業での生産終了後は、
広島県の後藤鉱泉所に瓶が引き取られ、
現在では「ヤポネ」ブランド
ミルクセーキやコーヒー牛乳として販売されています。

【サンテアップ 200ml 広島県尾道市にて入手】


サンテ(赤ラベル) 200ml [その他マイナーブランド]

MDSC_0348.jpg

サンテ(赤ラベル)200mlボトルです。

サンテは、岡山市に存在した
井上食品工業がかつて生産していた飲料です。 

井上食品工業での生産終了後は、
広島県の後藤鉱泉所に瓶が引き取られ、
現在では「ヤポネ」ブランド
ミルクセーキやコーヒー牛乳として販売されています。

画像のものは「ヤポネミルクセーキ」が入っています。
やさしい甘さで非常に美味しいです。

【サンテ(赤ラベル) 200ml 広島県尾道市にて入手】


サンテ(青ラベル) 200ml [その他マイナーブランド]

MDSC_0388.jpg

サンテ(青ラベル)200mlボトルです。

サンテは、岡山市に存在した
井上食品工業がかつて生産していた飲料です。 

井上食品工業での生産終了後は、
広島県の後藤鉱泉所に瓶が引き取られ、
現在では「ヤポネ」ブランド
ミルクセーキやコーヒー牛乳として販売されています。

【サンテ(青ラベル) 200ml 広島県尾道市にて入手】


フレンドCアップ 200ml [その他マイナーブランド]

MDSC_0349.jpg

フレンドCアップ 200mlボトルです。
フレンドCアップは、山口県玖珂町(現岩国市)にあった
柳川飲料がかつて生産していた飲料です。

柳川飲料での生産終了後は、
広島県の後藤鉱泉所に瓶が引き取られ、
現在では「ヤポネ」ブランド
ミルクセーキやコーヒー牛乳として販売されています。

【フレンドCアップ 200ml 広島県尾道市にて入手】

ビタヤポネC 220ml [統一ブランド系]

MDSC_0391.jpg

ビタヤポネC 220mlボトルです。

ビタヤポネCは、前回紹介した「ヤポネ」の姉妹品で
同じくヤポネドリンクボトラーズの製品です。
現在は広島県の後藤鉱泉所が生産を続けています。
(中身はオレンジ果汁飲料です。)

瓶の形状からもわかるように、武田の「プラッシー」の
影響を大きく受けた製品ですが、
この時代には多くのプラッシーの類似商品が出回りました。
見た目はほとんど同じであるにも関わらず、
このビタヤポネCは220mlの表記があり
なぜかプラッシーや他の類似商品よりも内容量が多いです。

「キューッと美味しい」というキャッチコピーが印刷されており
これは専用の木箱にも印刷されています。

【ビタヤポネC 220ml 広島県尾道市にて入手】


ヤポネ 200ml [統一ブランド系]

MDSC_0390.jpg

ヤポネ 200mlボトルです。

ヤポネは、ヤポネドリンクボトラーズが生産している飲料です。
この「ヤポネドリンクボトラーズ」は、パレードやシーホープと同様の
統一ブランドを生産する零細メーカーの共同体のことですね。
本部がどこに存在していたのかは不明ですが
現在では尾道市の後藤鉱泉が最後の砦として生産を続けています。

「日本の代表」「全国統一商標」という勇ましい表記が
今となっては空しく感じられますが・・・
外資飲料メーカーに侵食されてたまるか!と、
当時の意気込みは相当なものだったのでしょう。
ロゴも日本列島の形ですね。

そもそも「ヤポネ」という単語自体、
ドイツ語やイタリア語では「日本」を表す単語のようです。

後藤鉱泉所では、主にミルクセーキとして販売されています。
甘くて懐かしい味のする、非常に美味しい飲料です。

【ヤポネ 200ml 広島県尾道市にて入手】



グランデー 200ml [その他マイナーブランド]

MDSC_0389.jpg
グランデー 200mlボトルです。

グランデーは、ダイコクサンギョウ(漢字表記不明)が
かつて生産していた飲料ですが
どういった飲料だったのかは不明です。

現在、広島県の後藤鉱泉所に払い下げられていることから推測するに、
広島県、山口県、岡山県あたりのメーカーだとは思うのですが。

※補記:「ダイコクサンギョウ」は「大国産業」と表記し
尾道に存在したメーカーである旨を、
クロネコ様よりご教授いただきました。

【グランデー 200ml 広島県尾道市にて入手】

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。