So-net無料ブログ作成
検索選択

ナイアガラ 210ml [その他マイナーブランド]

MDSC_0231.jpg

ナイアガラ 210mlボトルです。

ナイアガラは、関西地区のメーカーが販売していた飲料ですが
元々のメーカー名等は不明です。
現在は大阪の河内食品に流れ、みかん水として販売されています。
透明のみかん水が多い中、これは黄色に着色されています。

裏面には「スッキリ爽やか ナイアガラ」という
キャッチコピーが記載されています。

【ナイアガラ 210ml 大阪府大阪市にて入手】

ニューソーダ 200ml [その他マイナーブランド]

MDSC_0230.jpg

ニューソーダ 200mlボトルです。

ニューソーダは、東大阪市の城東鉱泉が販売しているサイダーです。
しかし、王冠を見てみると生野区の「富士食品」の表記が・・・。
恐らく、何らかの原因で空き瓶が城東鉱泉に戻らず
富士食品に戻ってしまったのでしょう・・・。

この業界では使わなくなった他社の瓶を使い回す習慣があるため
ラベルが違ってもそのまま使用したのでしょう。

サイダーは無色透明が主流ですが
薄いブルーの色が付いているのが特徴です。
フジみかん水もそうでしたが、富士食品は色を付けるのが好きなのでしょうか??

【ニューソーダ 200ml 大阪府大阪市にて入手】

フジみかん水 200ml [その他マイナーブランド]

MDSC_0234.jpg

フジみかん水 200mlボトルです。

フジみかん水は、大阪市生野区の富士食品が販売しているみかん水です。
みかん水といえば無色透明のものが主流ですが
富士食品のみかん水は黄色で着色されています。

他社で使わなくなった古瓶も用いているようですが
この瓶は新しく作られた瓶のようです。
コスト削減のためか、何もプリントされていない瓶で
少し寂しいですが・・・。

【フジみかん水 200ml 大阪府大阪市にて入手】


板倉レモンスカッシュ [その他マイナーブランド]

MDSC_0233.jpg

板倉レモンスカッシュ 200mlボトルです。

板倉レモンスカッシュは大阪府八尾市にある板倉商店の製品です。
前回紹介した板倉サイダーの姉妹品です。
こちらのほうは白濁しているため、果汁が入っているのでしょうか?

瓶自体には「レモンスカッシュ」としか書いておらず
非常にシンプルな瓶です。

【板倉レモンスカッシュ 200ml 大阪府大阪市にて入手】

板倉サイダー 180ml [その他マイナーブランド]

MDSC_0232.jpg

板倉サイダー 180mlボトルです。

板倉サイダーは、大阪府八尾市にある板倉商店が販売しているサイダーです。
板倉商店は「レモンスカッシュ」も販売していますが
味の違いは果たしてあるのでしょうか・・・?
見た目は、サイダーのほうは黄色っぽい色が付けられ、
レモンスカッシュのほうはやや白濁しています(果汁の色でしょうか)。

板倉商店は、このような瓶入りの飲料がどんどんなくなっていく中で
現在も生産を続けている数少ないメーカーのひとつです。

【板倉サイダー 180ml 大阪府大阪市にて入手】

ニッコードリンク 180ml [その他マイナーブランド]

MDSC_0314.jpg

ニッコードリンク 180mlボトルです。

ニッコードリンクは福岡県八女市にあった高木飲料工業所の製品です。
瓶の側面にある「国鉄指定」の表記が歴史を感じさせます。
昔は駅構内等で販売する際は国鉄の認可が必要だったのでしょうか?

さらに歴史を感じさせるのが「TEL.254」という3ケタの電話番号表記です。
まだ自動で電話がつながる前の、
電話交換手に相手番号を伝えて手動で回線をつないでもらっていた時代のものです。
八女地区がいつ自動電話化したのかは不明ですが、
恐らく1960年〜1965年頃には自動電話化したのではないでしょうか。
ということは、この瓶はそれ以前の瓶ということになります。

現在は瓶が城南鉱泉に払い下げられ、はるばる京都の地で
みかん水として流通しています。

【ニッコードリンク 180ml 京都府京都市にて入手】


エヒメゴールドシャンペンサイダー 180ml [その他マイナーブランド]

MDSC_0310.jpg

エヒメゴールドシャンペンサイダー 180mlボトルです。

愛媛県新居浜市の愛媛飲料合名会社がかつて販売していたサイダーです。
ポンジュースで有名な「えひめ飲料」は平成15年の設立であり、
本社も松山市にあることから、この愛媛飲料合名会社とは全く関係がありません。

愛媛飲料合名会社で検索すると何故か製麺業としてヒットしてしまいますが
もしかしたら飲料事業は廃業し、現在は業態が変わっているのかもしれません。

現在は他社に瓶が払い下げられていますが
写真の瓶ははるばる京都まで流れ着いた瓶で
城南鉱泉でみかん水の瓶として使用されています。

【エヒメゴールドシャンペンサイダー 180ml 京都府京都市にて入手】

京都サイダー 180ml [その他マイナーブランド]

MDSC_0309.jpg

京都サイダー 180mlボトルです。

京都サイダーは、京都市南区に存在した
洛南飲料協同組合が販売していたサイダーです。

近年、清酒「神聖」で有名な京都伏見の「山本本店」が
京都サイダーという名で日本酒ベースのサイダーを発売し話題になっていますが
こちらとは全く関係はないようです。

現在は伏見区の城南鉱泉に瓶が払い下げられ、
みかん水として京都を中心に流通しています。

偶然にも同じ伏見区から生い立ちも中身も全く異なる
2種類の「京都サイダー」が製造されているのは興味深いですね。

【京都サイダー 180ml 京都府京都市にて入手】



ダンディハイソーダ 200ml  [その他マイナーブランド]

MDSC_0312.jpg

ダンディハイソーダ 200mlボトルです。

ダンディハイソーダは、前回紹介した「ダンディサイダー」の
姉妹品と思われますが、詳細は不明です。

KYOTO WATARI」という表記があるため
京都のワタリという会社が販売をしていたようです。
ダンディサイダーは同じ京都でも「宮川商会」の製品のため
両者の関係が気になるところです。

【ダンディハイソーダ 200ml 京都府京都市にて入手】



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。