So-net無料ブログ作成

パレード 200ml(赤) [統一ブランド系]

MDSC_0208.jpg

パレード 200ml 赤ボトルです。

パレードは1965年に服部香料の後援により誕生した統一ブランド飲料です。
(常盤香料の後援、という説もあります。)
戦後、コカ・コーラをはじめとした巨大資本の飲料メーカーに対抗すべく
全国各地の中小の飲料メーカーが立ち上げたのが、パレードをはじめとした
「統一ブランド」でした。

全国の様々なメーカーがひとつのブランドを生産することで
巨大資本に立ち向かおうとしたのです。
こうした動きは1959年の「コアップガラナ」に始まり、
「ユーミー」「ネクシー」「スマック」「シーホープ」「ハネミー」など
様々な統一ブランドが誕生しました。

しかしこうした動きも長続きはせず、自動販売機による展開や
缶やペットボトル化の波には追いつくことができず
多くのメーカーは姿を消してしまいました。
現在もごく一部が生産されていますが、全国でも数えるほどの
メーカーで細々と生産されているに過ぎません。

パレードは、その中ではまだ見かける機会が多い方です。
最大手だった大阪の大川食品工業が近年生産を中止してしまいましたが
まだ全国で3〜4社ほどが生産を続けています。
それでも全盛期の62社に比べれば、数の少なさは歴然としています。

この赤ラベル瓶は、主にコーヒーやミルクセーキとして流通することが多いですが
関東ではメロンソーダとして流通している例もあります。
ちなみに写真の瓶は大川食品工業からミルクセーキとして売られていたものですが
2000年の購入時において、なんとコルク栓の王冠が用いられていました。
王冠の裏側は昔はコルク製のものがほとんどでしたが、
まさか現代においても現役のものがあるとは思いませんでした。

【パレード 200ml (赤) 大阪市浪速区にて入手】

ミッション 200ml 1980年代〜1990年代? [その他マイナーブランド]

MDSC_0185.jpg

ミッション 200ml 1980年代〜1990年代?のボトルです。

ミッション初代ボトルの頁にも書いた通り
このブランドに関する情報はほとんどないのですが
瓶のデザイン、手に入れた時の状況などから推測するに
この2代目ボトルは1980年代〜1990年代に流通していたものと思われます。

最近まで流通していた割には、あまりにも情報が少な過ぎます・・・。

【ミッション 200ml 1980年代〜1990年代? 神奈川県横浜市にて入手】

ミッション 200ml 1960年代〜1970年代? [その他マイナーブランド]

MDSC_0184.jpg

ミッション 200ml 1960年代〜1970年代?のボトルです。

ミッションはアメリカのブランドで、
日本国内においては1953年にミッションコーラが発売されたという記録があります。
その後、1974年に湘南ミッションボトリングが
ミッションブランドの国内販売権を獲得した、という記録がありますが
それ以外の情報が皆無で、詳しいことが全くわかりません。

しかし、全国に看板が存在していることから
当時はそれなりにメジャーなブランドだったのかもしれません。

この瓶は、恐らくミッションジュースとしてオレンジ果汁飲料が充填され
1970年代〜1980年代にかけて流通していたものと思われます。
ミッションブランド自体は、1990年代まで存在していたようです。
実際に私も2000年前後にとある酒屋の店先で見かけた記憶があるので・・・。
あくまで記憶の中での話、ですが。

【ミッション 200ml 1960年代〜1970年代? 静岡県沼津市にて入手】

カルピスソーダ 200ml [カルピス]

MDSC_0183.jpg

カルピスソーダ 200mlボトルです。

カルピスソーダは、1973年に発売された炭酸飲料です。

それまで、カルピスと言えば濃縮されたものを割って飲むのが常識でしたが
それをあらかじめソーダで割り、そのまま手軽に飲めるようにしたのがカルピスソーダです。

その手軽さが受け、アンバサなどのライバルも次々と現れるほどの人気となったが
1991年にカルピスウォーターが発売されると、主役の座を奪われてしまいました。

ちなみにこの瓶入りのカルピスソーダはそう多くは出回らなかったようです。
瓶が茶色いのは、本家カルピス同様品質保持を目的としているとのことです。
(ご丁寧にも、瓶の裏側にその旨の記載があります。)

【カルピスソーダ 200ml 静岡県沼津市にて入手】

ドリンカ 200ml [雪印]

MDSC_0182.jpg

ドリンカ 200mlボトルです。

ドリンカは、1972年に雪印が発売した炭酸飲料です。
「ドリンク」+「飲むか」の造語でドリンカと命名されました。
ファンタやミリンダと同じように、グレープ、オレンジ、アップルなど
複数のフレーバーが存在していました。

コカ・コーラ社のファンタとはライバルだったはずなのですが、
1983年から富士コカ・コーラボトリングでドリンカを委託生産しているという記録があり
その関係性は謎が深まるばかりです・・・。

【ドリンカ 200ml 群馬県佐波郡にて入手】

マイルドコーヒー 200ml [明治乳業]

MDSC_0180.jpg

マイルドコーヒー 200mlボトルです。

マイルドコーヒーは、明治乳業が1970年代〜1980年代にかけて発売していた商品です。
缶での流通がメインでしたが、一部にこうした瓶製品も流通していたようです。

コーヒー牛乳といえば、牛乳瓶型の容器に入って売られることがほとんどですが
このマイルドコーヒーのように、ジュース型の瓶に入れて売られる例も
少なからず存在しています。

【マイルドコーヒー 200ml 群馬県前橋市にて入手】

スカット 200ml 1990年代〜 [明治乳業]

MDSC_0179.jpg

スカット 200ml 1990年代〜のボトルです。

1990年代に入ってからの瓶で、スカットの最末期のものにあたります。
1990年以降、缶飲料やペットボトル飲料の急速な拡大により
一般向け瓶飲料の流通は減る一方でした。

特に、明治乳業などの乳業メーカーは
飲食店等の業務用のルートを持っていなかったために
他メーカーに比べて瓶飲料の流通量の低下は特に著しく
スカットもそんな状況の中でひっそりと姿を消していきました。

缶でも展開しましたが、もともと紙パックの自販機展開が中心だったため
あまり流通することはありませんでした。
2010年現在も細々と缶で販売が続けられていますが
滅多にその姿を見かけることはありません。
(2010年、スカットホワイトソーダが販売されているのを確認しています。)

【スカット 200ml 1990年代〜 群馬県前橋市にて入手】

スカット 200ml 1970年代〜1980年代頃 [明治乳業]

MDSC_0177.jpg

スカット 200ml 1970年代〜1980年代頃のボトルです。

この時代のボトルは、スカットが最も栄華を誇っていた時期のものと思われます。
スカットの瓶といえば、この瓶を思い出す方も多いのではないのでしょうか。

スカットの初期の瓶は英文字表記が「Sucatt」ですが
このボトルでは「Skatt」になっています。

【スカット 200ml 1970年代〜1980年代頃 群馬県前橋市にて入手】


スカット 200ml 1960年代? [明治乳業]

MDSC_0176.jpg

スカット 200ml 1960年代?のボトルです。

スカットは、明治乳業が1962年に発売した果汁炭酸飲料です。
明治乳業のサイトにも情報がないのでよくわかりませんが
りんごやグレープ、オレンジ、プラム等、6種類程のフレーバーを展開していたようです。

当時はそこそこメジャーなブランドだったようですが
販売元が明治乳業ということもあって
宅配牛乳と一緒にケース単位で配達だれたり、
銭湯で牛乳と一緒に並べられて売られることが多かったようです。
今でこそほとんど見かけなくなりましたが、
かつて銭湯で「スカット」の広告の入ったベンチを見ることが多かったのはこのためです。

ちなみに我が家の近所の銭湯にも、スカットのベンチがありました。
5年程前に、残念ながら火事で燃えてしまいましたが・・・。

スカット自体は、2010年現在も細々と缶で販売が続けられていますが
滅多にその姿を見かけることはありません。
(2010年、スカットホワイトソーダが販売されているのを確認しています。)

【スカット 200ml 1960年代? 神奈川県横浜市にて入手】

ウィルキンソンジンジャエール 190ml [アサヒ]

MDSC_0174.jpg

ウィルキンソンジンジャエール 190mlボトルです。

知る人ぞ知るジンジャエールです。
日本国内のジンジャエールのブランドといえば
コカ・コーラ社の展開する「カナダドライ」が有名ですが
バー等をはじめとした飲食店ではもっぱら「ウィルキンソン」が
好まれているようです。

飲めばわかりますが、生姜の辛さがガツンと来る、
辛口の味わいに仕上がっています。
そこが通を惹き付けてやまない理由なのでしょう。

100年の歴史を誇るウィルキンソンブランドですが、
れっきとした国内発祥のブランドです。
「ウィルキンソンタンサン」のページでも書きましたが、
英国のウィルキンソン氏が兵庫県有馬にて炭酸鉱泉を発見し
炭酸飲料工場を作ったことがその始まりです。

業務用の出荷が主だったため、あまり馴染みはありませんが
2007年に「ウィルキンソンジンジャエール」が缶入りで
一度だけ自販機で市販されたことがあります。

今では再び業務用の出荷がメインとなっていますが
オシャレな飲み屋なんかで見かける機会は多いはずです。

【ウィルキンソンジンジャエール 190ml 静岡県沼津市にて入手】


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。